ホーム > トピックス&コラム > 滋賀県 出張 (その3)

滋賀県 出張 (その3)

滋賀県は他の県と比較しても、 水田専用資材  アイデンマック の販売 ・ 流通量が非常に多い県といえます。

取り扱ってくれている会社の数 〔 お客様 〕 が多いからかもしれませんが、県内を車で走っていると 「近江米」

の立て看板をよく見かけたりするので、近畿地域の米どころとではないかと訪問するたびに痛感しています。

やはり、豊富な水源地となっている琵琶湖  < その2 >  を抱えていることは最高の強みなのでしょうね。

個人の生産者は激減し営農集団化 ( 農事組合法人等の設立 ) している情勢は、時代の流れで仕方がない

のでしょうが、どのような経営形態になったとしても、 " 土づくり " においては決して手抜きをしないでほしい

と思います。近江米というブランドを掲げているので、肥沃な水田土壌を造ってもらいたいと願いつつ、当社

はこの先も、微生物による土づくりを通じて滋賀県の米づくりを応援していきたいと考えています。

CIMG3388.JPG

※ 滋賀県で生まれた慣用句  ・・・・・ 『 急 が ば 回 れ 』 ⇒ この語源 由来は 琵琶湖 からきています。

    ( 米づくりをするならば、先ずは重要かつ避けてはならない土づくりから始めましょう !! )