ホーム > トピックス&コラム > 米どころ新潟

米どころ新潟

移動する車窓で見える景色は広い水田ばかりの新潟県、所々で ビニールハウス を見かけはしますが

野菜 ・ 果樹の栽培より米の耕作面積は、比較にならないほど広大だと行くたびに痛感させられます。

その新潟県で、昔から アイデンマック ( 姉妹品 ; アイデンカルス ) を使用されている N 農園 さん

訪問し効果についていろいろお聞きすることができました。やはり、稲わら ・ 切り株 ・ 雑草等々の分解、

夏場のガス湧き対策、稲の生育向上 < 米の品質 アップ > に期待して大口購入をしてくれているとの

ことでした。米づくりには先ず 「 土づくり 」 からという強い信念をお持ちの N さんで、今年も増収できる

よう陰ながら応援していきたいと思います。  ・・・・・もち米の栽培田にまで資材を使ってくれていました。

ただ、日本全国は異常なまでの猛暑が続き、この先しばらくは例年に戻るような予報は出ていません。

米・野菜・果樹に高温障害や旱魃(かんばつ)被害が出ないことを祈るしかないのかもしれませんね?

そして、農作業をされる際には、くれぐれも 『 熱中症 』  『 事故 ・ ケガ 』 にお気をつけください。