ホーム > トピックス&コラム > 3月3日の雛まつり 

3月3日の雛まつり 

3 月 3 日のこの日になると、毎年必ず思い出してしまう微笑ましいエピソードがあります。

それは、本格的な春の土づくりシーズンを迎えるにあたり、ある販売代理店の社長と一緒に農家訪問を

していると 『 今日は雛まつりだから、悪いけどゆっくりカルスの話は聞いてられないよ~! 少しなら

いいけど・・・・・・ 』 と、どのお客様にも同じことを続けて言われたことです。雛まつりは国民の

祝日にはなっていないので特に気がつきもせず、いつも通りの営業活動で訪問をしていただけですが、

その地方は独特でこういった " お祭り行事 " を地域ぐるみで熱心に取り組んでいるとのことでした。

5 月 5 日の端午の節句はゴールデンウイーク中で会社も休みですから、このようなトラブルなどは

あり得ませんが、この時はたまたま小さい女の子 ( お孫さんかと?~ ) がいらっしゃる家庭ばかり

を訪ねてしまったような気がしています。〔 ちなみに、当家には息子しかいませんが・・・・・・ 〕

時代とともに今ではだいぶ簡略化されつつあるのでしょうが、当時は一つの大事な儀式として盛大に

執り行われていたようです。豪華絢爛な雛飾りのセットもその名残りだと思っています。

DSC_0578.jpg

むしろこの時は、親よりもお爺ちゃん・お婆ちゃんたちの方が熱い思いを持って雛まつりを楽しんで

いるような気がしました。もうその子供たちも成人を過ぎて立派な大人になっているのでしようね?!