ホーム > トピックス&コラム > 畜産現場を訪ねて

畜産現場を訪ねて

畜産用のリサールSEを30年近く継続して使用している酪農家を訪問しました。

牛舎内はもとより周辺でも糞尿の匂いが全く気にならず、とてもきれいに管理されていました。リサールSEは牛舎内の

糞尿溝に散布したり、堆肥に直接散布しているそうですが、スラリーの流動化や堆肥の発酵に役立っている様子でした。

堆肥は牛床に敷く稲ワラと交換しているそうですが、農家からも堆肥が扱いやすく作物の生育が良いと喜ばれているとの

ことでした。「長年使用している良い資材なので、これからも継続していきます!」とありがといお言葉をいただきました。

DSC_0531.JPG

※牧場周辺の写真です。のどかなとても良いところでした。