ホーム > トピックス&コラム > 晩秋の作業です

晩秋の作業です

10月上旬に開催された農業資材EXPOの会場にディスプレイ用として展示した

プランター連続栽培の小松菜が10月末にはこれほど立派になりました。
↓↓↓

これを、またまたプランターにすきこみです。


プランターで栽培した作物を収穫
↓↓↓

そのまますき込みカルスNC-Rで土中分解
↓↓↓

2~3週間待って
↓↓↓

そのプランターに再度種まき
↓↓↓

成長を待って収穫 

プランターにすき込みカルスNC-Rで土中分解
 
またまたそのプランターに種まき・・・

これの繰り返しです。

今年の初夏にホームセンターで購入した培養土に種をまきはじめ、

今回は3回目の播種になります。

外気温が下がってきましたので、

土中分解にも時間が掛かる様になってきました。

そこで今回は、プランターへのすき込み作業後3週間経過してからの種まきとしました。

最低気温が5℃を下回ることも多くなり、

日中も10℃そこそこの気温になりました。

今週はさらに寒さが厳しくなります。

このまま無加温で、

日当たりの悪い屋上の劣悪な環境で、

どこまで成長するでしょうか。

では。