ホーム > トピックス&コラム > [施設園芸 ] キュウリ カルスNC-R施用事例

[施設園芸 ] キュウリ カルスNC-R施用事例

平野さんは、1990年まで臭化メチルやDDで土壌消毒をしても、ひどい時に はマルチシートが盛り上がるほどの根コブセンチュウに悩まされていました。 カルスNC-Rと一緒に生の有機物を大量施用することへかなりの抵抗を感じな がら、根本的な「土づくり」に取り組むという決意をして、全面的なカルスNC-R の使用に踏み切りました。 越冬作の前に、チップやバークの入った牛糞生堆肥を反当12~13トンと 生モミガラ1,500kgをカルスNC-Rと共にすき込み土中発酵させている。 大量の生の有機物を微生物のエサとしてやっても、発酵障害を起こすことなく ダイナミックな土壌改良を行っています。 「収穫が終わって根を引き抜いてみたが、根コブは小指の先ほどの小さなものが 見られる程度で、キュウリへの被害はなく根張りの状態もすばらしい」との話です。 現在では年に2回、全てのほ場にカルスNC-Rを施用していて、土壌消毒処理は 一切行っていません。 カルスNC-Rと有機物・基肥の使用量(10a当り)                      カルスNC-R 60kg 牛糞生堆肥(チップ入り) 12~13トン 生モミガラ 1,500kg 米ヌカ 240kg 硫安 40kg リン酸分(有機質) 120kg 鉱物性・土壌改良資材 300kg 過リン酸石灰 40kg その他の肥料 60kg <施用時期:9月中下旬> 上記内容の土づくりを行った後、10月10日頃までに定植し収穫が終わるのは 4月の初中旬まで。微生物の働きにより、肥料の吸収バランスも良く樹が暴れる ことはありません。葉色は淡く仕上がり、実の曲がりも少ないようです。 また、収穫後期の春先になっても樹勢は衰えず、キュウリの皮は堅くならずに美 味しいと市場でも大評判だそうです。現在「カルス農法」による農産物として、付加価値を高めて流通されています。